emanon

届いてるよ、とか。
そんな言葉は陳腐でしかないんだろうな。

変わった部分もあれば
変わらない部分もあります。

忘れたいこともあれば、
忘れたくないこともあります。

忘れてはいけないことでも、
忘れてしまうこともあります。

取りこぼしたくないな、とだけ。
感情とか記憶とか、そういうの全部。

スポンサーサイト

新しい命




君を失ってからもう2年が経とうとしてる。
いつの間にか此処は、
君への言葉で溢れちゃったな。

君からの手紙はたった2通。
いずれもタイプしたもので、
手書きは好まなかったよね。

A4サイズの用紙の一番上にプリントされる
「無題」の文字がいつも君らしかった。


あたしはついに結婚を選んで、
誰かと一緒に生きていく決意をした。
それはすごく難しいことだよね。
すごく、すごく、
素敵で、幸せなことなんだけど。


君のお母さんにも、
まだ何も言えてないんだ。


君を忘れないで欲しいって言われた。
忘れる訳なんてないんだ、
だけど君の時間は止まったままで、
君だって経験する筈だったライフステージを、
あたしだけが経験していく。
なんだかそれを、
言い難くて、
まだ、
黙ってるんだよ。


また、墓参りに行こうと思ってるんだ。
2年が経ってしまうしね。
その時に、君にはちゃんと報告しよう。
直接。自分の言葉で。


その時に、お母さんやお父さんにも、
報告できたらいいな。


一緒に生きていくひとを選んだこと。

それから、

新しい命に恵まれたこと。



君はどう思う?


たくさんのひとが傷付いてる。
助けようとしてるひとがいて、
事実助かったひとがいて、それでも助からなかったひとがいて、
呼び掛けて団結して批判して泣いてくじけてまた立ち上がって、
君はどう思う?
君ならどうしたんだろう。

君の目を通したら全て浅はかな気がした。
何も言いたくなくなったよ。
みんな必死なのに。
苦しんでるのに。

君が居なくなってから、
あたしはいつでも全力で愛を伝えてきたつもりだった、
好きだよ、大好き、愛してる。
それでも足りないんだね、
後悔、なんて馬鹿みたいだ。
愛してたよ。大好きだった。
もっと傍に居たかった。
もう1年以上前に死んだ君に、
なんだか今更伝えたくなった。
不毛だね。
いま、生きてるひとにさえ伝えきれてないのに。

ニュージーランドを担当していた神様が引いたカードは大地震だった。
他の神様が引いたカードは、支援物質を送る、とか、人材派遣する、とか、一回休み、とか。
今回日本を担当してる神様が引いたカードが大地震だった。
他の神様が引いたカードは、支援物質を送る、とか、人材派遣をする、とか、一回休み、とか。


君はきっと買い溜めとかはしなかっただろうな。
ジャックダニエルをストレートで飲みながら、
全然関係なく自分の命が絶たれる瞬間を想ったと思う。
不謹慎だね。
だから君は何も言わない。


君はあたしの中で生きてるのに、
あたしは君には近付けないよ。
生きててよかったと思った、
家族が無事でよかった、
大切な恋人が、友達が、後輩が、先輩が無事でよかった、
今あたしに出来ることをしたい、
仕事をして、節電して節水して、
祈りたい、もう傷付いてほしくない、
一緒に乗り切りたい。
いつか戻れる、その日を信じていたい。

君はあたしの中で生きているのに。
あたしは君と生きてるのに。

だから、なんとなく、言いたくない。
こんな話を君としたいんだよ、
くだらなくて、でも確かに自分の思考回路で、
それをプレーンに受け止めて、
君は君の意見を言う。
それがよかったのに。


なんで君は死んじゃったんだろ。
あたしを置いて。
あたしは君と生きてるはずなのに、
全然わかんないや。

君はあたしの半身じゃなかったんだね。
アンドロギュノスは復活出来なかった。
君の半身はどこにいるんだろう、
今生きてるとしたらそのひとは、
一生満たされないんだよ、
だって君が居ない。


苦しいのに、
お腹は空いて眠くなって、
世界で一番愛しいひとが笑ってくれたら、
あたしの小さな器は満たされる。


浅はかだって嘲ってくれたら、
反論なり何なり出来るのに、
浅はかだって知ってるくせに、
君はきっとあたしを許す。


意思をもたないものはいつでも自分にとって都合がいい。
捉え方は全部自分で左右出来るんだから。

あたしの逃げ道はいつだって君だ。

だから都合よく捉えよう、
あたしを置いていったことを君は今でも悔やんでいて、
そんなことであたしが楽になるのなら、
いくらでも想像して妄想したらいい、
と今あたしの耳元で囁いた、

んだよ。
そういう事で話を合わせてくれないか。



頼むからさっさと幸せになって、
独り立ちしてくれ、黒猫さんよ。

一人が好きなの、と凛とした瞳でにゃあと泣く。
どうしてかまってくれないの、と切なそうな瞳でにゃあと泣く。

鍵さえかけなければ君は自由にこの部屋を行き来して、
自分の好きなように俺の隣に居たり出て行ったり、
そうして結局此処を住処にして、「帰ってくる」。

孤独を愛する淋しがり屋?
ふん、と鼻で笑ってやればきっと怒るだろう。

わかっている、分かっている。
だけどどうしてもわからないこともある。

君を手放さなければならないとしよう、
君は泣くだろうか、振り返ることもなくこの部屋を後にするだろうか。

君は苦しむだろうか、
そんなことのために手放す訳ではないのだが。

君が思っているよりもずっと、
俺は君の事が大好きだ。

また来るね、と嬉しそうな瞳でにゃあと泣く。
くだらない、と馬鹿にした瞳でにゃあと泣く。

好き勝手に走り回って、
内側の真っ黒な何かを自分でも知らないフリをして。
その姿を視界の端に捉えるのも、
性に合わない事に無駄に奮起して、
馬鹿馬鹿しい程の悲しみに暮れる姿を見るのも、
怒るなよ、興味深かった。

君が居るなら、
この世界も悪くなかった。



そんな気がする。




今でも忘れない。
「悩め苦しめ、幸せ者よ」。
悩むよ、苦しむよ、
幸せだよ。

すごいな、びっくりするくらい、
鮮やかなんだよ。
感情ってすごいな、
もう一年経つのに、
苦しいくらい色鮮やか。


一年見守ってみてどうだい、
あたしは少しくらい、君の言う「独り立ち」が出来たろうか?

随分長い付き合いになりそうだ、
あたしがそこに行くまでの間。

長いな、短いのかもしれないけど。



あぁもう、苦しい。
息苦しい。

傍にいてくれる人に感謝しよう。
やっぱりいつでも、
伝えたい事は伝えきっていたい。

好きだよ、大好き、愛してる。

ありがとう、大好きだよ。


言葉が軽いというなら数で勝負!
伝えたいんだよ、
受け取ってよ。



ながれる



時、とかそういうもの?
気がついたら過ぎ去っていて、
現在って名前がついてる間は余裕がない、
過去と名前がついてしまってから、
いろんなことを思い出したり考えたり。

素敵なことも可哀想なことも、
全部一緒、同じパレットで色鮮やか。

それを表現する力の違い?
あたしはいつだって鮮やかに生きていたい。

馬鹿みたいに無理して無茶して、
強さと黒さに自分をカテゴライズして、
集団のトップを気取ってたのも勿論楽しかった。
でも求めてなんてもらえなかったし、
ワンマンプレイが受け入れられる訳もなかったし、
やっぱりつらかったな。
周りに居る連中を理解出来なかったし、
理解してもらおうと思ってたけど、
それは不可能だったに違いない。

いつでもふらふら、
したいように、生きたいように、
攻撃タイプの生き物じゃなかった、
気がつくのが少し遅れた。

だから今が一番幸せ、
求めて、求められての絶対的な循環。
もう崩したくないし、
このままずっと。

純粋に音を楽しんでいたい、
前は出来なかったそれを今は本当に純粋に。
不確定な要素を追いかけるのが、
楽しいんだと思ってたけど…
どうやらそうではないみたい。

もうすぐあたしの世界のピースがひとつ欠けてから一年、
それを埋める全く同じピースに出逢うことはこの先一生ないけど、
だったら別のもので満足出来るくらい上質な付き合いしていきたい。

そう、上質な。
ハイクオリティな、密度のある。
そういう付き合い。
上辺を撫でていくような、
あんな軽々しいものはもう要らない。

そう思ってる自分はまだガキだなって。
もっと自分の質も上げていきたいなー。
あたしとの付き合いが、
誰かにとって「ハイクオリティ」で在るために。
*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。

黒猫が綴る
平和平穏非凡非真面目な毎日のコト。


そんなBLOGへようこそ。
どうぞ素敵な時間をv


テンプレ変えてみました。
popな感じが可愛いよね。

最近の記事
最近のコメント
リンク