スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じれんま

今JAM!!を休んだこと
ほんとーによかったのかどーかとか
未だに正解不正解は見えない。

でも、あいつから
今JAM!!がどーのこーのと揺れてる分野においては
あたしが居ても居なくても変わらない

と、言ってもらって
少し安心した。

と同時に
果てしなく悔しかった。

あぁ、じゃあ戻ってもいいかなぁ
っていうのと

あぁ、じゃあ戻んなくてもいーじゃん
っていうのと

だってサークルだもん
強制力なんて発生しないよ

でもやりたいことやれる場所であってほしいの
そゆ場所を作りたいの

あたしは出来ることやりたいの


ダメなのかなぁ


今日甘いモノ食べたら
しばらく我慢。


行ってらっしゃーい。
スポンサーサイト

REC

基本的に不機嫌だった。
「だって意味がわからない。」
もうそれしかいえなかった。

そんな自分最悪だね。

大学祭アーティスト企画。

松本哲也さんと音楽サークルが集まって
「音楽で繋がる」、そんな「ism」を表現する。

各サークルが作曲し、
Let's play! with Artists。

だけどね。

連絡が取れなかったこと
あたしの仕事の能力が低かった事
時間のなさ
相俟って最悪な事態に。

とりあえず与えられる情報が
ことあるごとに違ってるってどういうことよ。
あたしはその時点で混乱を極めていた。

それでも、
真っ直ぐに向かっていくヒロトが羨ましかった。
もう既に、一歩身を引いて
客観的に見定めている自分を見つけていたから。


中途半端なものはどうしても創りたくない。
それは確かに、音楽的センスのない自分が悪かった。
だけど、それ以外に方法はなかった。
楽譜に起こせるのはたぶんあたしだけだったし、
時間があればできたかもしれないけど
他の子に頼むにしても切羽詰っていた。

ヒロトのいう「100%」を否定するわけじゃない

だけどどうしても自分の中では納得がいかない
どうしたらそれを妥協と言わず自分の中で消化できるのか
まったくもって理解できなかった

あたしが悪いよ
それは確かなこと
だけどだったら他にどうすればよかったのか
時間さえあれば考えた
だけど時間のない中でああする以外に道があったのかどうか
あたしにはわからない
最善を選んだつもりだった

もう今更何いったって変わらないけど

だから初めて
プラスなものとぶつかった
目指してるものは同じはずなのに
そうしたら何だかものすごく疲れてしまった

何をしているのか
何のために揉めてるんだか
それに意味があるのか
結局これからやることに何か影響があるのか

もう考えたくない

っていう、状況で迎えたレコーディングなわけだ。


最悪だね、我ながら。


何度も、「納得してるのか」とか
「聞きたいことはないのか」って言われたけど

自分の中にあったのは「これまでの不満」だけであって
「企画そのものに対する疑問」であって

その後、っていうのは見出せてなかった。

ism、音楽で繋がる事。

だって、繋がってる?

サークル同士。
繋がってる?ホントに。

何処で?

サークル内。
繋がってる?ホントに。

“こういうことやりまーす。”

“ハイ。”

それだけな感じがどうしても否めない。
最近、フェスを通じて「外」に眼を向けることは随分してきたけど
あたしは後ろを振り返ることを忘れてた。

今回のことでよくわかった。

あたしJAM!!のこと何にも出来てない。
大学祭のこと、カフェのこと、ステージのこと、買出しのこと、

一体今まで何やってたの?

って自分に問いかけると悲しくなるから棚にあげといて



だけど、やっぱり、
セッションすることは楽しくて仕方なかった。
松本さんが居ようと機材をつけられようと

みんなで演奏することが楽しくて仕方なかった。

唄う事を楽しんでいる、松本さんの歌声を聞いて
体中に走るいろんな思いに浸されて、それも、また
楽しくて仕方なかった。

だから、結局、
あたしの作ったメロディが中途半端であることに
やっぱり納得がいかなくて悲しくて
心底悔やんだ。

あの時顔に出しても何にもならないと思ったけど
やっぱりダメだった。
何であんなんしか出来なかったんだろう。
後悔しか出てこない。

あたしはずっとプラスではいられない。
だけどそれは絶対に必要な事だと思う。
時に振り返ることと、何かに対して疑問をもつこと、
そういう意味で自分に素直であることは必要なことなんだと思う。

…毒っていうのは吐き出せば落ち着くものなんだね。

でも実際今、あたしが繋がっているのは
「中野ヒロト」と「JAM!!メンバー数人」のみ。

意味は、まだ見出せない。

だから、それは今からやるべきことなんだと思う。
意味がないなら自分が動いて後付していけばいい。

どんな曲を作ったのか、どんな雰囲気なのか
サークルごとの繋がりを創ろうと思えば
きっとそれはいくらでもできること

本番までの時間は一ヶ月足らず

あたしがやらなければならないことは山のようにある

ただ純粋にやりたいことだけをやればいい
そういう立場にいないことはわかってる

だから今回みたいに
ソレに対して自分の中で納得がいく「理由」と「意味」を
創るところからはじめて行かなきゃならないんだろう



だけど勘違いはしないで
確かに不満しか持ってなかった
だけどそれは「マイナス」じゃないんだ
折角の企画なのに、それが形だけになってるっていう
現状がどうしても納得できなかっただけ

やる気はあるし
だから悩んでる
そうじゃなかったら最初から投げ出すし
考えることすらせず
ボイコットなりなんなりっていう手段に出てるだろう

ヒロトが言ってくれた通り、
あたしたち「JAM!!」がヒロトとコラボレーションすること
それ自体には非情に大きな意義がある

ただ、あたしはもう

個人ではないってこと。

「部長」であり

一つの仕事を任される

「責任者」であるってことなんだ。


見なければならないものは
ただ真っ直ぐ先の未来だけじゃない


結局そういうことなんだよ。






RECはあたしの後悔と共に
無事終了いたしました。



special thanks!

ヒロト
にうえ
しの
ヴィーナス
alaya

(じょーじ)

alaya&ヴィーナスには謝罪の言葉も添えて。


ごめんね、ありがとう。







あと一ヶ月ない時間の中。
あたしは出来る限りのことをするだけ。

真夏の夜の夢

うはぁ。
終わった。

皆様のご声援頂きまして
「Jam!! × Jazz LIVE in velvo」
無事終了致しましたv

ありがとうございますv

まぁいろいろあったけどね。

時速50kmで急カーブ曲がってみたり
(ゴーカート事件)
毎度のことながら椅子忘れてったり
(進歩ナシ)
MCもいつもながらの無計画で
(本当に申し訳ない)

お酒なんか飲んでなかったのにね。
うるさいって怒られるくらい
うるさかったらしいです。

演奏曲目は以下の通り。

一部...*
+カモメが翔んだ日
+Fly me to the moon
+Mosquito-38

二部...*
+Lupin the Third ~jazz ver.~
+人が夢を見るといふこと
+モーニン

三部...*
+SPIRIT ~live ver.~
+lovin' you
+The Chicken ~long ver.~

アンコール...*
+人が夢を見るといふこと ~Guiter ver.~
+Mosquito-38

うん。
伝えたい事、は、伝わった筈。

そう想ってる。

自分との挑戦。
一つのLIVEをソプラノだけでやり通すこと。
テナーだけが全てじゃない。
それも達成した。

曲のクオリティ。
お客様に満足して貰うこと。
「楽しかった」「また是非」…。
その台詞が聞けた。

何よりも楽しむこと。
伝えたいことを伝えるために、
メンバーが一つになること。

きっと、出来た。
若干一名不安なのがいるから「きっと」ね

「頑張ってよかったじゃん。
 認めてくれる人たちは此処にいるよ。
 全てが空回ってるわけじゃない。
 あの葛藤も後悔も絶望も何もかもが
 今この時のためにあるって思えているんでしょ?」

勝ち誇ったように告げるもう一人のあたし
苦笑を零しながら頷く事しか出来ない

だから やめられない
だから アイシテイル

繋がっていられる、
あの空間、時間のスベテ。

こういうことを伝えたいんだって力いっぱい叫びたい
この楽器で、このメロディーで、このリズムで
この体に流れる流れの中の大きな力
分かって欲しくて、届けたくて。

その想いが、あたしを動かす。
動かしてる。
コンプレックスでしかなかった音楽が
今あたしの最も愛おしい物の一つになって
そうしてまた「何か」を発信しようとしている

このままでは終わらせたくない。

これはきっと、一つなり二つなり
いくつかの物語の一端であって
登場人物も行く末も決まっていない
真っ白な御伽噺

これから歩み行く道が色彩を帯び
この手に掴んだ暖かな手の持ち主たちと
一緒に創って行く物語だと想ってるから

"Did you feel my heart?"



心行くまでそんな物思いに耽って
あとは思う存分slowな真夏の夜

夜風に身を預けて
瞼を撫でられる度にうっすらと外を垣間見る
煩わしさを嘆きながら笑い飛ばし
素晴らしさに感激しながら胸に秘める

太陽の色をぎゅっと凝縮して閉じ込めたみたいな
あの琥珀の色があたしは大好きで
癒されるんだ 明るい茶色
見透かされるような気さえして
そう、そんな琥珀がすぐ側にあったから
思わず見とれる それが深夜3時過ぎでも(笑)

もしかしたら夢だったのかもね。
夜風に当たりすぎると風邪引きますよ、皆さん。
お気をつけて☆

さて、今から睡眠。
きっと爆睡なんだろうなぁ(笑)


最後になりましたが、聞きに来て下さった皆様
本当にありがとうございました。

私が伝えたいこと、
自分が部長の間にやりたいこと、
まだたくさんあって、
まだ何も出来てないです

いろんなものを
いろんな人を巻き込んで
「JAM!!」を今しか創れない「色」に
染めて行きたいと思っています。

これからもよろしくお願い致しますv



JAM!!代表
soprano saxophone / 菊池真菜
mixi name / 黒猫


*****************
*Special Thanks!*
*****************

(mixi name & HN)

じょーじ(trumpet)
さやか(keyboard)
miyaさん(W&E.Bass)
たま(guiter)
にうえ(drums)

リエ
ゆか
こくちん
まっく。
きくちくん

なますて
Wein。
夜鳥
ヒロト

ちょーあん姉様

売店のお兄様

and...

マスター・すもーくまん様。

本当にお世話になりました。

また、あの場所でお会い出来るその時を楽しみにしています。

皆様の感想お寄せ下さいv

お待ちしておりますゆえv

今宵星が輝く時

とか行って前日の話だけどね。

七夕LIVEなんとか終了しました。

途中かなりわけわかんなくなって
くるくるくるくる回ってたけど…

終わって良かった。

一年生頑張ったね☆
素敵だったよ、みんなvv
浴衣似合ってたしね~♪

そして部長さんは無事引退。
あたしが遂に正式に部長。

怖いなぁ…。

なんかもう何演奏したんだか憶えてないよ(笑)

一体何に必死だったんだろう。

……

私信:ここで笑った複数名あとで憶えとけっ。
   どーせテンパってたよ。だってひどいもん。

……

でもlovin' youは好き…

**************************************

アナタを愛してる
簡単なこと、アナタは美しいから
愛し合いましょ、出来る限り愛するよ
夢を叶えるよりアナタを愛してる
僕の全てはアナタを愛すること以外になく

シャララ
君以外の誰も
僕をこんな色鮮やかな気持ちになんてさせてくれない
歳をとるにもずっと一緒に居てよ
そして春みたいな毎日を過ごしていよう

君を愛してるってことが
僕の人生をこんなにも美しくしてくれる
そして僕の毎日っていうのはつまり
君を愛してるってことで溢れてるんだよ
愛しい君の太陽が昇るのを見たんだ
そして僕たちはいつも…
いや、「僕」はまた一層君に惚れて行くんだ

シャララ
君以外の誰も
僕をこんな色鮮やかな気持ちになんてさせてくれない
歳をとるにもずっと一緒に居てよ
そして春みたいな毎日を過ごしていよう

************************************

ごめんなさい勝手な和訳。
でも歯が浮くくらいずーーーっと
「lovin' you」ってフレーズが繰り返される
此処まできたら微笑ましいんだろうか

人によr……

いぃえぇ何にも言っておりませんとも。

きよふみさんと一緒に演奏できたし。
F#Jさんともキー坊さんとも一緒に演奏できたし。

幸せだったなぁ…

そういえばさ
晴れてよかったね。
彦星様と織姫様は一年に一度の逢引できたんですかね。

世の中のカップルさんたちにとって
素敵な夜であったことを祈りつつ。

え?
あたしは散々愚痴ってきたよ

そんな素敵な七夕の夜に。
お酒の勢いに任せて。

後輩たちごめん。(笑)

でもね、意気投合したの。
後輩と。そしてついにコンビ組んだの。
新しい門出に乾杯vv

でも帰ってからが酷かった…

酔った挙句メルした先輩ごめんなさい。
わっけわかんないの、メル。
ホント朝起きて後悔の渦だから。
よりによってその人に!?って人だからね。
あぁ申し訳ない。

うん、でも楽しかった。

聞きに来て下さった皆様ありがとうございました!
これからもJAM!!は進歩を目指し
素敵な演奏できるように頑張り続けますv

今日はみんなフェスリハ出れなかったけど
明日は頑張ります。

さて、次は来週のフェスですよ。
頑張らねばね。

06.07.08(Sat)


続きを読む »

参丸区

サンマルクカフェにてのLIVE。
今更ですがちょいっとご報告。

なんだかんだって練習出来てなくて
集まりもイマイチ
出来てないけど出来たような変な気分
それで本番、大丈夫?的な(笑)

でもやりこなすのがJAM!!っ子なんだよね
実質やり切ったからね

まぁ黒猫のMCは最低LEVELだったとしても

だってマイクなかったんだもん

・・・いや、違うよね
あたしの話術不足なんだよ
わかっているさっ。けっ。

曲目とか曲順とかは
ほかのJAM!!っ子が書いてるから割愛するとして
(やる気ナシ)

きよふみっけさんんと一緒に演奏出来たこと
とりあえずそれ一番に嬉しかったかなぁ
以前はまっしゅさんという
神様的に上手な人がやってたから
黒猫の出番なんてなかったんだ

それが、まっしゅさん卒業により
「繰り上げ」的な感じでね、あたしに役が回ってくる。
嬉しいし、ものすごいプレッシャー。

ん。
負けないけどね。

お客さんたくさんきてくれたよ。
「よかった」ってその言葉を聞いたら
あぁやっててよかったって心から思える

だからその感覚に騙されて
その他のいろんな面倒なことに目を背けながら歩み続けるんだ

まぁ、楽しけりゃいいよねv
あたしは楽しくて仕方ない。
だから守りたいし
守ってみせる。

よっっし頑張ろうv

そんなこんなの報告でした、
あんま報告になってないけどね(笑)

06.06.25(Sun)
*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。

黒猫が綴る
平和平穏非凡非真面目な毎日のコト。


そんなBLOGへようこそ。
どうぞ素敵な時間をv


テンプレ変えてみました。
popな感じが可愛いよね。

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。