振り返れ!2007


今更かいと我ながらつっこみたくなるけれどもね、
残念ながらA型インフルエンザと気管支炎の猛威に負けたあたしは、
寝るか水分接種するか頭ン中で空想するかしか
選択肢を与えられないわけ。
『僕ね、座りたくなっちゃった。
でも座らないよ!
ねぇママだっこ!!』
この間乗った満員ほどではないけれど席は埋まっている電車の中、5歳くらいの男の子の幼く可愛い声が響いた。
可愛い、可愛い、無垢な、真っ白な、その、。
何だろう。とりあえず。そういうもの。
が、あるから、たぶん、世の中は、まだ、。
うん。まぁそういうこと、ということ。

去年は私にとって初めての年だった。
大学三年にまでなって何を今更という話ではあるけれども。
新しい人間関係をがっちり作り上げた。
それは私にとって結構な転機であって、大きな救いにもなった。
音楽を忘れかけた私にもう一度それを教えてくれたから。
感謝感謝です、軽音勢。
あとは、どっかで必ず繋がることが出来るタイプの人と、そうじゃない人の違いがわかった。
縁があるなら戻る、必ず。
そうじゃないなら、そんなもの。
それに納得出来なくて泣き喚いて、我が儘を叫び続けた一昨年とは違うみたい。
広く浅く、人間関係を広げることだけを考えてたのは一昨年。
狭くとは言わないけど、傍に居る人との関係を深く深く、掘り下げてきたのが去年。
若さを駆け抜けたのは一昨年。
若さを実感し、客観したのは去年。
前の年よりも良い過ごしかたが出来たと思えるのは幸せなこと。
あたしのやったことには間違いが溢れていたけど、
その代わりにひとがあたしを認めてくれることもあった。
なんかそんなもんだよね、それで納得出来てるし。
まぁ確かに泣いたり笑ったりで結局プラス?マイナス?みたいなのは
わかんないとこではある。分かりたくないのかも。
でもまぁどうでもいいのだ、だって他人にはどうでもいいことだろうから。
ひとつ確かなことなのは、体のキャパを越えて仕事をしてきただろうということ。
おかげで新年早々体が動かない。
24時間中20時間近く眠っているかもしれない。
ニュージーランドの国鳥キーウィーかあたしは。
会う前に同一化ってか。
寝ても寝ても寝たりないくらいどろどろしている。
食欲はあまりない。たぶん1キロは確実に落ちたはず。
確かに神からの命令だろう、休め!と。
お休みなさい、なんて優しさは感じないからね。
他の人間とのバランスが取れないからだろうか?
だとしたら、理不尽な病じゃなかろうか。(笑)
今も刻々と時は流れていく。そうして全てが変わっていく。
変わらないということさえも、きっと変化の一部だろう。
あたしも変わっていく。
今年一年で、また深く、きっと。
受け入れ難い現実も、
抱き寄せるほどの強さをください。
涙と向き合うだけの強さを。
そうしたらあたしは、
壊れずに足を止めずにいられるだろうから。
足りない歩幅を嘆き続けるだけじゃなく、
足りない分小走りについていくことも出来るだろうから。

まずは治ってくれ。
会いたいひとがいるから。
スポンサーサイト
*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。