随分


時は経ったんだけど、
忘れたくないことはたくさんあるわけで。
SDカードに保存してあったメールが
あまりにも懐かしくて、
嬉しくて楽しくて、
胸が痛くなる。
あの頃は必要として、
必要とされてたのにね。
何処に行ったの?
一体どうして。
なんて、馬鹿馬鹿しい問いかけ。
だからこそいま、
共に歩みを進める人間がいるのは、
すごく不思議で、かつ嬉しい。
高校時代、親友の彼氏と一時的にものっすごい仲悪くなったことがある。
親友を盗られた、という気持ち半分、
彼女にばかりかまって自分にかまってくれない、という気持ち半分で。
でもいまじゃそいつとの方が仲が良い。
残念ながら別れてしまった二人は、
それぞれ別の道を歩んでいる。
親友の方は新しい彼氏と同棲しているとか。
友人はどうだかわからないけど。
親友さえ忘れてメールくれないのに、
(ほんとに親友?)
そいつはあたしの誕生日をちゃんと覚えていてくれる。
大した関係があるわけじゃないのに、
お互いがどこかで繋がってる。
それが素直に嬉しいと思えるから。
そういうやつを、
大事にしていきたいのよね。
スポンサーサイト

音楽


音楽はいつも、好きになるとかそういうものではなくて、
空気と一緒にそこにあるものだった。
母のお腹の中にさえ、それはきっと溢れていた。
だから、好きになるという方向に進むよりも、
嫌いになる可能性をいつだって孕んでいた。
大学に入ってからは、その危険性がまた増した。
憎さと愛しさは表裏一体だった。
好きで好きで仕方ないそれは、
時に劣等感をあたしに確実に植え付けていく。
辛すぎて目を背けたくなる。
どうやっても届かない。
その事実があたしをえぐる。
だけど、好きな気持ちも変わらない。
好きになればなるほど、
活動範囲が広まるほど、
深まるほど、
自分に返ってくる痛みが大きい。



………



って考えてた2月の頭。

今じゃすっきり。
もう何でも良いよ、という域。
結局疲れることに変わりはないから。
良いんだ、無理しなくて。
あたしは音楽が好きだし、
かつ大嫌いだから。

そこに在るだけでいい。
触るか否かはあたしの判断。

下書にしてた日記が多すぎる。

なんで中途半端にしてたんかなぁ。


20.04.15
*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。

黒猫が綴る
平和平穏非凡非真面目な毎日のコト。


そんなBLOGへようこそ。
どうぞ素敵な時間をv


テンプレ変えてみました。
popな感じが可愛いよね。

最近の記事
最近のコメント
リンク