頼むからさっさと幸せになって、
独り立ちしてくれ、黒猫さんよ。

一人が好きなの、と凛とした瞳でにゃあと泣く。
どうしてかまってくれないの、と切なそうな瞳でにゃあと泣く。

鍵さえかけなければ君は自由にこの部屋を行き来して、
自分の好きなように俺の隣に居たり出て行ったり、
そうして結局此処を住処にして、「帰ってくる」。

孤独を愛する淋しがり屋?
ふん、と鼻で笑ってやればきっと怒るだろう。

わかっている、分かっている。
だけどどうしてもわからないこともある。

君を手放さなければならないとしよう、
君は泣くだろうか、振り返ることもなくこの部屋を後にするだろうか。

君は苦しむだろうか、
そんなことのために手放す訳ではないのだが。

君が思っているよりもずっと、
俺は君の事が大好きだ。

また来るね、と嬉しそうな瞳でにゃあと泣く。
くだらない、と馬鹿にした瞳でにゃあと泣く。

好き勝手に走り回って、
内側の真っ黒な何かを自分でも知らないフリをして。
その姿を視界の端に捉えるのも、
性に合わない事に無駄に奮起して、
馬鹿馬鹿しい程の悲しみに暮れる姿を見るのも、
怒るなよ、興味深かった。

君が居るなら、
この世界も悪くなかった。



そんな気がする。




今でも忘れない。
「悩め苦しめ、幸せ者よ」。
悩むよ、苦しむよ、
幸せだよ。

すごいな、びっくりするくらい、
鮮やかなんだよ。
感情ってすごいな、
もう一年経つのに、
苦しいくらい色鮮やか。


一年見守ってみてどうだい、
あたしは少しくらい、君の言う「独り立ち」が出来たろうか?

随分長い付き合いになりそうだ、
あたしがそこに行くまでの間。

長いな、短いのかもしれないけど。



あぁもう、苦しい。
息苦しい。

傍にいてくれる人に感謝しよう。
やっぱりいつでも、
伝えたい事は伝えきっていたい。

好きだよ、大好き、愛してる。

ありがとう、大好きだよ。


言葉が軽いというなら数で勝負!
伝えたいんだよ、
受け取ってよ。



スポンサーサイト
*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。