結局





結局のところ、
あたしがみんなに置いて行かれるんだ。


皆あたしが駆けずり回っているだとか
絶え間無く動いているだとか


そういうようなことを云う。

そうして、
だから、


ついていけないだとか、
私とは違うとか、


そのような言い方をする。


だけど、違うんだ。
ただ、ただ。


皆の輪に混じりたいがために、
努力をして居るだけなのに。


人混みの中、
真っ先に迷う。
小さなあたしを
視界に入れ続けるのは難しいから。


だけどみんな、
あたしがどこかへ行ったと云う。


あたしが、必死に、
背伸びをして皆の背を追った末にはぐれたとしても。
振り返らない彼らが見えなくなった後、
必死にその姿を探していても。



置いて行くのは周りだ。


でも理由はいつでもあたしの中に在ると皆は云う。


苦しい。
苦しい。






スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。