冬の




物語。


鳥とアヒルと三匹のクロネコと黒人による、
聖なる夜の狂詩曲。



新しい存在意義。
与えて。
貰って。
与え合って。




不思議な繋がりを、
深く、深く。




疲れることはやめよう。

自分がひとを選り好みするとき、
自分もひとに選り好みされている。

ひとが自分を嫌いなら、
自分もひとを嫌いだろう。

多分自分がひとを嫌いだから、
ひとは自分を嫌いなのだと思う。


だからといって
誰もに愛されたいがために、
誰もを愛することは出来ないけれど



鳥は歌うよ
黒猫が叫ぶよ あなたはあたしを愛してくれる?


聞いて欲しい
紛れも無く、
そう、あなたに


……




決戦は夢灯り!




スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。