一ヶ月




一ヶ月以上放置すると広告出るなんて知らなかったよ
そんな世の中なのかぁ。
はぁ。
最近、やっと20歳の重みを実感した。
もう子供では居られないんだ。
もう大人になりたいんだ。
自分より歳が上の人間を見て、
強い憧れを抱いたり落胆を覚えたり、
最近落胆が多いのは酷く残念なことだなと切に思う。
自分がその年齢になった時に、
自分は何を思い、自分は何を大切にしているのか。
大切にしたいものを護るために、
言い訳をするような人間にはなりたくないな。
何よりも、とりあえず、最低限。
勉強も就職も、好きなことも。
全部今、頑張らなきゃならないことなのは明らか。
だからこそ、言い訳なんかしていられない。
全てに、全てを賭けていかなきゃならない。
それは私のプライドでもある。
隣に居るひとに、胸を張れる自分でいたい。
そのひとに見合う自分でいたいから。
哲学を語るつもりもないし、難しい言葉を並べていただけの、
自己満足なあの頃とはまた少し違う。
大事なひとを大事にしていきたいだけ。
今は目に映るところにいないけれど。
でも必ず私を想ってくれている人間がいること。
それも忘れずにいたいだけ。
いつまでもいつまでも、
ただがむしゃらでいることが許される訳がない。
それを気付かせるだけの力量がない自分も、
明らかに不甲斐無い。
でもどうしようもない。
それが個人であって、個性であって、それぞれだから。
若さがいつでもプラスになるわけはない。
そんな意味で若いと言われたい訳じゃない。
見据えるべき未来とは少し違って、
見据えたい未来を眺めていたいから。
今、この時点でなにが足りないのか、
それを見定めていきたい。
優しい厳しさと、魅力と、技術と、覚悟。
まだ足りない。何もかも足りない。
与えられるもの、
与えられないもの、
その全てを自分は手に入れなければならない。
そうしたらこの自分に訪れるものが、
限り無く幸せに近いものであると信じていたいから。
みんなそれぞれが欲しいもののために闘っている。
だからぶつかり合い、時に道を違える。
悲しみに暮れるうちに新たな出逢いを見付け、
やがて意気投合し、またぶつかり合っていく。
人間なんて我儘の塊だ。
自分に限った事じゃない。
その中で生きていくためには、
やはり我儘であることが一番気楽なんだから。
失ったものはもう手に入らないなんて
一体誰が決めたんだろう。
勿論手に入らないものだってある。
過去は戻らない。
もう変えられない。
でもそうじゃないものだって、
何処かには存在していたっていいじゃないか。

なんてね。
なにが言いたいのかなんて
自分の胸のうちにいるやつに聞いたってわかりゃしない。
なにが言いたいんだい。
ねぇ、君。

スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。

黒猫が綴る
平和平穏非凡非真面目な毎日のコト。


そんなBLOGへようこそ。
どうぞ素敵な時間をv


テンプレ変えてみました。
popな感じが可愛いよね。

最近の記事
最近のコメント
リンク