サザン


無期限休止、かぁ。
もー父親ががっくり凹んじゃって。
見てるこっちも凹んじゃうよ。

サザン大好きだったからね。
ライブとかも散々行ってて、
CDなんて全部持ってて、
グッズとかめっちゃいっぱい持ってて。

家にはサザンボックスなるものが存在してるもんね。
サザンのものだけが沢山仕舞われてんの(笑)
ハッピとか、そんなん着ねぇだろ!?ってTシャツとか、
使えばいいのに、綺麗にしまってあるストラップとか、
桑田さん、それどーなの!?なデザインのノートとかシールとか…

でもそれはさ、父の歴史なんだよね。
ジャンルとしてはまーふざけたよーなもんだけど(笑)

二十年以上も、彼らのことを好きで、
ずっと彼らを応援してきて、
毎日、仕事に行く車の中でCDを聞いて、ラジオを聴いて。

彼らは本当に愛されてたんだよね。
父よりもっと熱狂的なファンだって居ただろうから。
それでも、それでも、
続けるという選択肢をとることは出来なかったんだよね。
彼らはやっぱり、彼ら自身のために音楽をやってるんだろうから。

やっぱり羨ましいなぁと思う。
音楽で生きていけるのは本当に羨ましい。
そして、その上、こんなにも沢山の人たちに愛され続けている。

もう三十年も!

羨ましいね。
そして、どうかこれからも、彼らは彼ら自身のために、
音楽を好きでいるために、
その活動を続けていってもらえたらいいな。
あたしは絶対にそんなことは出来ないから。
どうか理想であり続けてほしいな。

そしていつかは、
復活LIVEとかやってもらいたいね。
父の喜ぶ顔が見たいじゃないか。

あの頃はあんなにも、
この家を出て行きたくて仕方なかったけど、
少し大人になってしまったら、
全然そんなことは感じなくなった。

与えられてきた愛と、
降り注がれている心配と、
同じものをいずれ自分も我が子に抱くんだろう。

でも、生きて行きたい
そりゃあもう、自分の力で。

いつまでも世話になってはいられないから。
いつかは、自分が世話をしていけるように。

淋しいけど、仕方ないね。

うちのじーちゃんが昔、
人間にはどうしても逆らえないものが5つあるって
話をしてくれたことがあった。

ひとつは、時間の流れ。

ひとつは、老いること。

ひとつは、親との別れ。

ひとつは、子との別れ。

ひとつは、自らの死。

それは絶対に避けられない、
受け入れるべき悲しい現実なのだと。
そうだよね。
人は必ずどこかで別れに遭遇する。
悲しいね。
苦しいね。

それを悲しいと思える分だけ、
今の私は幸せだね。

愛されているし、
愛している。


私の名前の由来は、
「愛」の字だから。

可愛く育つことは出来なかったけど、
せめてこの身に存在する愛を理解しながら、
生きていけたらいいなと切に願っている。

幸せ。
幸せ。
苦しくて、
悲しくて、
つらくて、
幸せ。

矛盾の中でいつも生きているから
何が本当かなんて自分の判断なんだね。

父の日には何を贈ろう。
一体何がいいのかな。

それでもやっぱり、気持ちは添えたいね。
いつもありがとう。
愛してくれてありがとう。
言葉にはならなくても。


愛してるよ。
ありがとう。

スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。

黒猫が綴る
平和平穏非凡非真面目な毎日のコト。


そんなBLOGへようこそ。
どうぞ素敵な時間をv


テンプレ変えてみました。
popな感じが可愛いよね。

最近の記事
最近のコメント
リンク