最も


美しくない死に方は、
首吊りだと聞いた。
窒息するまでの間、
体のあらゆる液体が、
対外に排出されるのだと。
涙やら、唾液やら、
鼻水やら、尿やら、
そういったものが。

先日、
同級生の弟が亡くなられた。
自殺だったという。
自宅の駐車場で見付かったと聞く。
一体、どういう方法をもって、
この世を旅立ったのかは、
分からないけれど。

そんな方法しかなかったんだろうか。
この世にさよならを言う、
それ以外の方法は見付からなかったのか。

遺書は見付かっていない。
原因は全く分からないという。

死というものが、おそらく、
あまりにも甘美で、魅惑的で、
世界で最も、魅力のあるもの、
だったんだろうな、と思う。

だけどこれから、
家族はどうしようもない悲嘆に暮れ、
いつもと同じ毎日を、
彼が居ないという決定的な違いを抱えて、
生きていかなければならない。

それは、想像し難い苦痛、だと思う。
いずれ、来る死は誰もを別つ。
それが寿命であれ、
事故であれ、
定められた時に、
自分の力の及ばない範囲において、
それはやってくる。

だから、自ら命を絶つ、ということは、
出来る限り、したくないと思う。

冥福を祈ります。
苦しんだ貴方へ。
解き放たれたでしょうか。
全てから。

夜鳥が言っていた。
死ぬ時は自分の心臓を握り潰して死にたい、と。
最後くらい、「死ぬほどの痛み」を味わってから、
そう、死んでゆくのだと。

あたしは知らなくていい。
眠るように死んでいきたい。

ある漫画で言っていた。
最も美しい死に方は、雪山で遭難することだと。
雪に包まれた体はその状態を保ち、
春になり溶けた雪とともに、
山のせせらぎに乗せられて下界へと帰って来る。

何がいいのか、悪いのか、
それは実際よくわからない。

ただ、
死にたいと願う人が居る。
死んだ者のために心を病む人がいる。
死にたくない人が居る。

それはいつだって変わらないんだろうね。

結局私達は、
死によって様々なものを失ってゆく。
人間関係も然り。
強制終了、させられるんだ。
いつかは。
だから、どうせ来るその時があるなら、
今自分のこの手で、
無闇やたらと「別れ」を作る
そんな必要はないんじゃないかな、と
思うわけだ。


苦しい。
苦しい。
雨のせいかな。
どんどん、
どんどん、
のまれていく。
スポンサーサイト

comments

No subject

少し前のこと、会社の女性の息子さんが亡くなられた。
行方不明になった後、最初の大きな地震をはさんで見つかった。

自殺だったという。 

葬儀の日、人とは思われないほどの苦痛のうめきを聞いた。
母親の何たるかを、その叫びを、彼は想像しただろうか。

生きるのが辛いなら、辛いのは自分だけだ。
死んで楽になるのなら、数え切れない人たちを不幸にする。

そう感じて、私は今生きている。 死ぬほどの辛さもわかる一方で。

何にせよ、年下の葬儀に出ることほど切ないことはないよな。

No subject

つらい。苦しい。
でも、だからひとは、
ひとと一緒に、
生きていくんですよね。
流された涙ばかりが、
私を締め付けてゆきますけれども。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。