スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業研究はメイド喫茶

行ってみたいなメイド喫茶。

と、ただ単純に書くと
ものすごい誤解を受けかねないから
ちゃんと補足しよう(笑)

いや、だってさ
アレってすごいよね?

「萌え」って簡単に言えるけどさ

人間が持ってる欲のなかの一つ
所有欲とか独占欲とか
そーゆうの

絶対持ってるけど
それを満たすっていうのは
かなり難しいことであって

だからヒトは
そのバランスを取るために
「その他」のいろんな「モノ」を
手に入れようと必死になるわけで

世の中は結局モノで溢れる。

だけど「その場所」では
単純に言えばその「所有欲」を満たすわけだよね
他の何かで代用する必要もなく
そのものを満たせるかもしれないんだ

「永遠の少女」が
「自分」だけを
「御主人様」と呼び
「お帰りなさいませ」と
「満面の笑み」で迎える

例えそれが一瞬の幻だと知っていても
其の時だけ、彼女は「自分のモノ」になる

実際ね、
オタクと呼ばれる人たちの方が
ストレス的なもの少ないんじゃないかって
本気で思うんですよ。

彼らは自分の「欲」に正直だ。
だからこそ手に入れたいものを手に入れ
自分だけの城を作成し
所有と独占の満足感を得て生きている。

たとえ誰かからそれを否定されたとしても
彼らは「満たされて」いる。
だって欲しいものを欲しいと正直に言っているだけなんだから。

恋人なり友人なり
誰にでも少なくとも一度は感じる独占欲
それが満たされることはありますか?

あたしはないです。
ヒトなんて絶対自分の思い通りになんてなりません。

それに、自分自身
独占されるなんて考えたくもないです。
思い通りに生きるなんて
シナリオ通りに生きるなんて
そんなつまらんことしたくもないです。

だからね、きっと
ヒトのヒトに対する独占欲は滅多に満たされないんだ。

そういうものを
埋められてしまうような場所

もしかしたらそれはメイド喫茶かもしれないってこと

それってすごいじゃん(笑)
研究してみたいなぁ、って思うのですよ

例えば、独占欲とストレスの関係、とか
もしそれに関係が見られて、
独占欲が満たされることによってストレスが減る、
なんて結果が万が一にも発見されたら



あぁ、それはそれで混乱を招きそうだ(笑)

まぁ、今までだってホストクラブとか
夜のアブナイ御商売の方々だってそれをやってきたわけですけどね

あーゆう人たちって
基本はお金な感じしない?
払わなきゃ客じゃねーよって。

ほら、そこもさ
「客」なの、あの商売は。

でもね、メイド喫茶は
「ご主人様」なの。

「あなただけのメイド」なの。

いや、あたしは何を強調しているんだろう(笑)


あたしが仕事としてやりたいと思ってるモノ
根本はそーゆうもの(=メイド喫茶)と通じたりする

ヒトって
いろんな名前をつけられるから

たとえばあたしなら


「娘」
「姉」
「友人」
「恋人」
「部長」
「後輩」
「先輩」
「黒猫」


まぁ最後は冗談としても(笑)
あたしは娘であり、姉であり、
同時に友人であって恋人であって、
部長でもあって後輩でもある。
ついでに言うなら先輩だ。

だけど、だけど。
あたしはあたし。
「マナ」という名前の一人のニンゲン。

あたしが大事にしたいのはそういうところ。
社会の中に身を置けば、
必ず「社会的な名前」を貰わなければならなくなるから。

そうじゃなくて、
自分の名前を大切にする、「自分の時間」を見出すこと。

それとリラクゼーションを繋げられないかなぁ、って。

今勉強している心理学は
カウンセリングっていう、面から自分の力にしたい。

個人的にはアロマセラピーとエステティック
出来ればネイルケアとかコスメティックにも手を出してみたい。

セラピー関係はいろんな分野で開発されてるから
そういうのでヒトを癒して自分も癒していきたい。

スタッフはそんな大勢いなくてもいい
客も多くなくてもいい
だけど確実に、その人一人へと向けた
「ココロとカラダのケア」を作りたい

その時間はね
苗字じゃなくて名前を呼ぶんだ
「患者」でも「客」でもなくて
「その人個人とセラピスト」っていう関係を作りたいんだ

何となくね
メイド喫茶って単語をよく聞くようになってから
考えるんだよそゆこと


漠然とした思いではあるけど。

今学んでいることを

「治療」に使うのか

「癒し」に使うのか

それは今後のあたし次第。



つらつら書いてみたけど
実際どうなるかわかんないしね(笑)

でも黒猫が見てるビジョンってこんな感じ。
音楽にも必死だけど
こんなことも考えてるのさってこと。



それはあたしの夢の一欠片。


卒業研究でそんなこと許されるのかなぁ…

メイド喫茶における現状で見る独占欲とストレスの関係性について




いや、無理だな(笑)


大学祭のcafe de jam!!を
メイド喫茶にしてしまいたい。

経営者希望の黒猫でした。

06.08.18(Fri)
スポンサーサイト

comments

ヲタクですが…

メイド喫茶…
一度だけ行ってみましたが、店員と客の会話を目の当たりにすると背中が寒い!!

何をおっしゃいますかあおい殿。
でもね、その「寒い」っていうの
きっと自分も感じるんだろうなぁって気はするんだよね(笑)

ひさしぶりにきてみた

なんだか納得して感動したよ

もし俺が人生に途方に暮れたら

執事喫茶のNo.1を目指すことになるんだろうよ

わっ

JOEさーんっ
お久しぶりです
分かって頂けますか
さすがJOEさん☆

執事喫茶、一瞬でvisionが浮かびました

『お帰りなさいませ、お嬢様』

では、私が経営者になった暁には
JOEさんにお声をかけさせて頂きます(笑)

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。

黒猫が綴る
平和平穏非凡非真面目な毎日のコト。


そんなBLOGへようこそ。
どうぞ素敵な時間をv


テンプレ変えてみました。
popな感じが可愛いよね。

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。