果てに

得てきたものが多過ぎるから
生まれた穴を塞ぎたくて

『手伝うよ』

差し出された手には背を向けて

許せないから許されたいの
ふと自分を見出だすその瞬間に
自分の知らない顔で笑っている自分がいる

どれだけ嘘をついたら許されるの
どれだけ偽り続けたら許されるの

言葉を紡ぐのにも少し疲れてしまって
信じろと言われたその言葉に頷く余力すらない

あの時見た光は自分の中
誰にも傷つけられない光がまだあるはずなのに

迷い込んだ迷路は異物をただ飲み込もうとする

忘れてしまいたいけど
何かがそれを阻むから

自分も何かを阻んできたとして

それを償いさえすればここから出られるだろうか

いつか許される日もやってくるだろうか

06.06.24(Sat)
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。