2月もオシマイ

あっという間に去ってく時を
立ち止まらせることなんて出来るわけもなく。

まぁ、
そうは言ってみたものの
その後姿に縋る気もないんだけどさ。

時と共に生きるって
ものすごーくフツーなんだけど
ものすごーく素晴らしいことのような気もする。

ずっと悩みに悩んでいたことに対して、
あたしは疲れたのでひとつ決断を下すことにした。

だって、
もうそれは
あたしの手の届かないトコロに行ってしまったから。

どんなに頑張っても届かないんだ!
そんなモンは放っておけ!
どうせ自分に利益などもたらさない!

酸っぱい葡萄の原理(笑)

「縁」って絶対あると思う。

だからヒトは出会うし、
モノを見つけるし、
オモイデは募る。

だから、
自分の出来る範囲のことはもー精一杯やったつもりだから
とりあえず、自分に休息を与えよう。

罪悪感と隣りあわせだったけど、
その選択肢を受け入れよう。


あたしの大学での時間が動き出したのは、
確実にJAM!!に入ってからだった。

そんで、
その時計の針の動きが急速に早まったのは、
きっとあのサンマルクの辺りから。

部長っていう名前を、
少し早く背負ったあの頃からだ。

今、
その時間は何だかゆっくりになった。

死ぬ間際みたい(笑)

あんなことあったっけなーとか
こんなことしたっけかーとか

黒猫しゃのあーるって名前はすごく気に入ってる

この名前で居る間は、
すっげーわがままでも
すっげー気紛れでも、

名前のせいに出来るから(笑)

それはすごく逆説的。

だって、もともとそーだったからこそ、
黒猫っていう名前をもらったんだから。


キクチマナとしての個人は、
今まで猛スピードで
ただがむしゃらに走り続けてきたよーな気がする。


わがまま?
うんそーかもねっ
きまぐれ?
あーきっとそーだよ
しごと?
やるからおいといてっ
すき?
あたしもすき
きらい?
あたしもきらい


あるもの全部、
受け入れるとかってレベルじゃなくて、
触って歩いて(走って)きたみたいな(笑)


だから、
突然それが
消化すべきものなんだって気付いた瞬間


膨大なものの多さに唖然として
助けを求めた、っていう感じな気がする。


恋愛対象としてスベテのヒトをみてきた
(といっても過言じゃない)


…カッコ書きないと相当な誤解を受ける発言か(笑)


うん、ひとりひとりが大事だから
ひとりひとりが自分を見てくれるって思ってたんだよね

うん、極度に自分勝手


思ってくれなきゃ拗ねるっていう
タチ悪ぃ(笑


そーそー


で、
そのスタンスで居たがために
結局いろんなもんなくしちゃった。


あ、わかんない
戻ってくるかもしんないけど


今んとこ、
結構なくしたモノって多いんだよね。


ショック。


買い物に行く時にさ、
まず行きのバスとか電車の中で財布ん中確認して、
アレ買わなきゃコレ買わなきゃって思うじゃん。
家にはアレがあってコレがなくて、とか思いながら。
で、実際店行ったら、
家にはあるんだけどでもこっちの方が欲しいとか
家にはないうえにどうしてもこいつが欲しいとか
そーゆーもんって絶対出てくるじゃん。
それを、前のあたしは全部どーにかして買って帰ろうとすんのね
ポケットとか持ってた鞄とかとりあえず駆使して
無理だったら新しい鞄まで買ってどーにかしようとするみたいな


でも、それって疲れるんだよね。
家に帰り着いた瞬間、
あれ、何でこんなん買ってきたんだっけ、とか
本気で自分のこと恨みたくなるくらい。
あーでもあの時はどーしても欲しかったんだよなぁ、って
自分のことは理解できるんだけどね。
我慢効かなくてさ。
で、しかも帰ってくる途中になんか落としちゃったりとか。


あー、ってなって
整理しなきゃーって思うんだけど
その先に進めなくなる。


あ、何の話がしたかったのかって
結局はたとえなんだけどさ、

後ろを振り返る作業って必要だと思うんだよね。


アクセサリーを見に行ったとして、
キラキラしてて綺麗で可愛くて欲しくてたまらなくなって
でも、自分が持ってるモノの本来の輝きを見失っちゃいけないと思う。
あーなんかくすんだ色になってきちゃったしなーとか
思っても新しいものに手を伸ばす前に
今あるものを磨く努力をしなきゃならない気がする。

新しモノ好きな性格は否めないけど、
すっげー大事なモノっていうのはちゃんと自分で自覚してて、
さらにそのうえでキレイなものを見て歩ける余裕とか、
そういうものを手に入れられたら、
もっと自分の内面として、充実して生きてけるんじゃないかとか


思うんだけどさ。


いい加減、あたしは目を覚まさなきゃならなかったんだと思う。


ヒトってクリオネみたいなもんだと思ってりゃいいんじゃないかな。


なんか突然思いついたけど
我ながらなかなかいい表現かもしれない(笑)


ふらふらふわふわしてて
可愛らしくてのほほーんとしてて
でも獲物を見つけた瞬間の素早さといったらなくて
可愛さなんて何処吹く風、
もしゃーーーーっと逃がさず捕らえ
またふわふわ



ぺぺぺぺぺーーーっと口先だけでキレーに生きていけるヒトもいる
もーそんな難しく考えなくていんじゃね?ってくらい真面目なヒトも



あたしは知らん

占いとか見て、
「うげー当たってるよーあたしって単純?」
とか思うくらいの「自分らしさ」は持ってるけど

わかんないもんねー結局のトコ

「イマ」の自分が
ナニ考えてんのかとか
シアワセ感じてるとか
カナシくて仕方ないとか

そんなもん。
でもそれを表に出せるかどーかって
やっぱ別問題なんだよね。


それって、
「醜い」部分な気がする。
自分の中で最も。


内面と外面のギャップっていうか。


元彼さんはそーゆーのは許せないヒトだったな。
「可愛い」って言われたら、
あたしはそのレベルをキープしなきゃならなかった。
常に彼にとって美しく可愛らしいものでなきゃ
納得できなかったんだねぇ。

それにあたしも、
見せたくなかったもんね。
醜い部分とかって。
だって怒るからさー
疲れるんだもん。


全てのヒトに対する擬似恋愛感情を抱きつつ生きてきた
時間は無駄じゃなかったと思えるけど、
その分反感とかそーゆーものも多くかって、
理解されない一面とかはどーしても否めなかったから

悔しかったんだよね。

まー今思ってみれば
ヒトなんてクリオネだもんね!
見かけだけだよ、可愛いのなんて(大笑
期待はかけてもいいけど、
一歩間違ったら喰われる覚悟って必要なんだ(笑


生きているモノとして
そこに在るからこそ、
「愛する事が出来る」存在ではあるけど、
それは「必ずしも」じゃないんだねー


全然進歩なんてしてないかも。
誰かがこの考えに触れたとして、
結局こういうところにしか落ち着けないんだ、って
失望すんのかもしれないけど


だってこのぐらいしか考えらんねーもん(笑


だから一方通行だって言われんのかな。
でも、ヒトの気持ちを向かせるために、
呼びかけって重要じゃないのかな。
それでも例えばこっちを向いてくれなかったとして、

「あなたは一方通行なのよ、分かってる?」

って言われても、
知ってるよーーーーーーと泣き喚くしかないじゃないか(笑
そうだからこそこっち向いてよーーーーーと
構って欲しいオーラ出してんのに。


むー
それを解消するためには
時間必要そうだなー。


割り切りって大事なんだろーなーと
改めて思う。


あーわけわかんなくなってきたv


眠いから寝よ。
今日も良い一日だったんだよ。
つけたしみたいに言うけどさ(笑


だからこそ、
こーゆーレベルの(高いとか低いとかは言わないけど/笑)話を
ある程度、俯瞰しながら考えられたんだと思うんだよね。


それって結局、
客観的に見てんのか見てないのかはよくわかんないんだけどさ
こういう時間もたまにはいいんじゃないってくらいで。


ぬか喜びすんのはもうやめた。
距離を持つことがあたしにとっての最重要事項。


夢見ないで眠る方法ないかなー
スポンサーサイト

comments

I

なんかさぁ
愛ってそんなんじゃないよね
ただ異性に依存したりさ、
別に同性愛ってことでもなくて、
たとえどんな侮辱を受けたとしても憎しみを消し去り、
許せて相手の幸せが願えて
それからようやくみえるのかな…

No subject

ね。
なんか、
薄っぺらいモノってもーイラナイんですよ。
「許せる」ことって
ホント大事だと思う。
そんで、
今は別に見えて無くてもいいモノなのかも。
焦って違うモノ見ちゃうより
ゆっくり、
みえるべきときにソレが見えてくれたらいいな、とか。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*Easy Lazy Crazy*

安易で物憂げ
それでいて狂気的な素晴らしき日々。

穏やかでのんびりと
ただ夢中でいられる素晴らしき日々。